The祭アワーとは・・・

品川区民チャンネル(地デジ11ch)から発信するお祭り好きのためのお祭り番組!

お祭り大好き!な品川区民のために、区内の神社で行われるお祭りの様子をたっぷりお届けする1時間の特別番組です。まるでお祭りに参加しているような臨場感溢れる映像をお楽しみいただけます!

アイコン: 品川区民チャンネル11ch

『The祭アワー』カレンダー

テキスト: O.A日と取材予定の祭り開催日はここからチェックできます!

イラスト: シナガワン

番組詳細

毎月のように区内のどこかの神社で行われているお祭りに、取材陣がかけつけます!最新作の放送予定を続々更新していきます!お楽しみに!

12月の放送予定

『雉子神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch12月3日(月)~12月9日(日)午後9時~

五反田駅と目黒駅周辺の氏神神社である雉子神社。例大祭は毎年10月の第一土曜日に行われます。今年は10月6日(土)、7日(日)の2日間行われました。

ココが見所!

子ども神輿や露店で五反田の町が、お祭り一色に。
元気いっぱいの子どもたちによる神輿の連合渡御がにぎやかです!ぜひご覧ください

雉子神社

三代将軍徳川家光が、鷹狩りに訪れた際1羽の白雉が社地に逃げ込んで見えなくなったことから神社の名を「雉子ノ宮」 と呼ぶように命じたと伝えられています。
平成6年(1994)に境内に大きなビルが建ち、社殿はその1階部分に改築されました。
境内の推定樹齢150~200年のイチョウは区の天然記念物です。

『鹿嶋神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch12月24日(月)~12月30日(日)午後9時~

毎年10月の第3日曜日と前日の土曜日に行われる秋の大祭。今年は10月20日(土)、21日(日)に行われました。200年の歴史を持つ祭り囃子「大井囃子」が演奏されます。

ココが見所!

神輿が街を練り歩く、大勢の人で賑わう熱気あふれる伝統のお祭りをお楽しみください

鹿嶋神社

樹木に覆われた鹿島の杜 大井村の鎮守 。安和2年(969)隣の来迎院とともに茨城県鹿嶋神宮より御分霊を勧請し創建されました。
広々とした境内の推定樹齢200年のタブノキ2本、樹齢200年以上のアカガシは品川区の天然記念物。他にも品川用水の記念碑や俳人で大井村の名主であった大野景山の句碑などがあります。

11月の放送予定

『上神明天祖神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch11月5日(月)~11月11日(日)午後9時~

9月14日(金)~16日(日)に行われた例大祭「蛇窪祭」。期間中は「第3回しろへびサミット」などイベントも実施されました。

ココが見所!

商店街や住宅街を神輿が練り歩く、大勢の人で賑わう熱気あふれる伝統のお祭りをご覧ください。

上神明天祖神社公式HP

美しい図案で人気の高い御朱印が話題。東京の白蛇さま。古くは蛇窪と呼ばれた地に鎌倉末期に創建されたと伝わる古社。白蛇様と龍神様をお祭りしていることから、巳が辰(身が立つ)=立身出世のご神徳があるといわれています。

『下神明天祖神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch11月12日(月)~11月18日(日)午後9時~

9月15日(土)と16日(日)に行われた例大祭。現在の形である村鎮守・神明社に制定されて375年となる今年は、5年に一度の本祭り。

ココが見所!

神幸祭での神輿連合渡御も例年以上に盛大なものに!舞台奉納演芸なども行われ、多くの人で賑う華やかなお祭りの様子をお楽しみください。

下神明天祖神社公式HP

長い伝統に培われてきた雅楽を伝承する下蛇窪村の鎮守 。境内は樹木が多く、御神木である榧(かや)の大木をはじめ、21本の樹木が品川区保存樹に指定されています。

『天祖・諏訪神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch11月26日(月)~12月2日(日)午後9時~

「新篇武蔵国風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)」に書かれている記事に、「祭礼毎年九月十六日、神楽ヲ奏ス」と記され、大井町史にも「祭礼は毎年九月十六日であった」と記されているところから、式典を9月16日に、祭礼を第三土曜日、日曜日に定めています。

ココが見所!

町々の神輿が町内を街を賑やかに練り歩きます。それぞれの個性溢れる神輿担ぎの様子をお楽しみいただけます。

天祖諏訪神社公式HP

漁師町の気風が残る立会川に位置する、暖かな日差しがそそぐ清々しい神社 。勝負ごとや己に勝つための祈願をしたお守り「勝守り」が人気となっています。東海七福神の福禄寿をお祀りし、お正月には多くの参拝客が訪れます。

10月の放送予定

『小山両社祭』

アイコン: 地デジ11ch10月1日(月)~10月7日(日)午後9時~

9月2日(日)に行われた小山八幡神社・三谷八幡神社の例大祭。

ココが見所!

地元六町会と武蔵小山商店街パルムの神輿が武蔵小山駅前に集結。しながわ百景にも選ばれた熱気あふれるお祭りをお楽しみください。

小山八幡神社

区内随一の高台にあり、地名「小山」の由来となった 小高い丘に建つ八幡神社 。創立年月は不詳ですが、社伝に鎌倉幕府の頃、口伝では長元三年(1030年)には旧小山村本村の氏神として崇敬されたと伝わります。境内の2本のシイの木は推定樹齢150~200年、区の指定天然記念物です。

三谷八幡神社

御祭神は、誉田別命。旧小山村字三谷の鎮守で、元禄年間に小山八幡神社から分社しました。神社の左隣には金山地蔵堂、3基の庚申供養塔と馬頭観音供養塔があります。春の桜が美しい神社。

『戸越八幡神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch10月8日(月)~10月14日(日)午後9時~

9月8日(土)と9日(日)に行われた地域挙げての祭礼。

ココが見所!

神輿を担ぐ地域の方たちや大勢の参加者で賑わいました。祭りで熱気に溢れた当日の様子を是非、お楽しみください。

戸越八幡神社公式HP

誉田別命(応神天皇)をお祀りする神社。戦国時代、大永6年(1526)の創建と伝えられる旧戸越村の鎮守で、隣の行慶寺とともに僧行永が結んだ成就庵がその起こりと伝わります。境内には25面の「奉納絵馬」や延享3年(1746)に寄進された「石造狛犬」などが残ります。

『旗岡八幡神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch10月15日(月)~10月21日(日)午後9時~

神楽殿では里神楽が奉奏され、百軒近い露店が立ち並ぶ境内は終日たくさんの参拝者でにぎわう例大祭。

ココが見所!

神社神輿が神輿奉仕会会員の奉仕のもと、氏子区域を渡御します。 勇壮な神社神輿の渡御の様子などは必見です。

旗岡八幡神社公式HP

元治元年奉納の大絵馬が残る 源氏ゆかりの神社。戦災により社殿などを焼失しましたが、「絵馬堂」だけは焼け残り、江戸時代に奉納されたものも含め、数多くの絵馬が残っています。横幅1.78m、高さ1.32mの大絵馬は「駒止め猿」が描かれており、保存状態もよく貴重なものです。

『氷川神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch10月22日(月)~10月28日(日)午後9時~

9月14(金)・15(土)・16(日)に行われた例大祭。

ココが見所!

前夜祭・連合渡御から始まり、祭典式、16日(日)には大神輿渡御が行われます。活気溢れる神輿が町内を練り歩く様子は必見です。

氷川神社公式HP

創立年代は不詳ですが、江戸時代初期の元禄年間にはすでにあったことが記録に残っています。御主神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)。本殿下の崖には、かつて都内7暴布の1つとして数えられた水量を誇る「氷川の滝」がありました。

9月の放送予定

『鮫洲八幡神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch9月10日(月)~9月16日(日)午後9:00~

毎年8月14日に近い金・土・日に行われる例大祭。深夜に行われる大神輿の宮出しが特徴です。

ココが見所!

土曜午前3時から宮出しが行われ、4時間かけて御旅所まで担がれる大神輿。空が白むまで続く、迫力ある神輿担ぎの様子は必見です。

鮫洲八幡神社

往時の猟師町を偲ばせる八幡神社。かつての御林漁師町の鎮守。御林漁師町は江戸時代、隣の品川浦とともに江戸城に鮮魚を納める「御菜肴八ヶ浦」のひとつとして発展しました。
本殿の左手には弁天池があり、池の中島には水神社と弁天社、そのほかにも厳島神社、稲荷神社などの末社が祀られています。

『居木神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch9月17日(月・祝)~9月23日(日)午後9:00~

8月25日前後の金・土・日に行われる、一年に一度の大祭。金曜日に宵宮祭、土曜日午前11時に例祭、日曜日に御神幸渡御祭が行われます。

ココが見所!

大拍子という馬の革を貼った鼓を鞍手にくくりつけた神輿を、竹の撥で笛に合わせて「品川拍子」を叩きながら賑やかに担ぐ様子をお楽しみいただけます。

居木神社公式HP

緑豊かな 大崎の鎮守。主祭神は日本武尊。社殿は昭和の再建ですが、境内には江戸時代の石造物が残っています。正面参道の石造鳥居と参道脇の手水鉢は寛政4年(1792)に奉納されたもの。居木神社末社 厳島神社は、区の指定文化財となっています。正面階段左手の富士塚はしながわ百景に選定されています。

7月の放送予定

『品川神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch7月9日(月)~15日(日) 午後9:00~

毎年6月8日に近い金・土・日に行われる例大祭。品川最大級のお祭りです。

ココが見所!

各町の神輿が集結する「各町子ども神輿連合渡御」や53段の階段を上り下りする「本社神輿宮入道中」は必見です!

品川神社

文治3年(1187年)、源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)を勧請して品川大明神と称したのが始まりです。

『荏原神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch7月16日(月)~22日(日) 午後9:00~

京都八坂神社より牛頭天王(ごずてんのう)が荏原神社に勧請されたことから始まる例大祭。今年は6月8日(金)~10日(日)に行われました。

ココが見所!

御神面を神輿につけての海中渡御の様子は、都内で唯一!荏原例大祭かっぱ祭りとして全国に知られています

荏原神社公式HP

和銅2年(709年)に元官幣大社・丹生川上神社より高龗神(龍神)を勧請し、南品川に創建。長元2年(1029年)に京都八坂神社より、牛頭天王(ごずてんのう)を勧請し、品川の龍神様として、多くの武家の信仰を受け現在に至っています。

『貴船神社 例大祭』

アイコン: 地デジ11ch7月23日(月)~29日(日) 午後9:00~

6月8日(金)~10日(日)に行われた貴船神社・例大祭。都内でも希少な八棟造(やつむねつくり)の神輿が町内を練り歩きます。

ココが見所!

まるで社が町内を巡行するような八棟造の神輿が、渡航する船のように左右に揺れながら西品川の地域を練り歩き、その賑わいが響き渡ります

貴船神社

およそ1300年前の飛鳥時代に藤原伊勢人(ふじわらのいせんど)の勧請により創建。その源は奈良県の丹生川上神社だと言われています。大崎駅近くの住宅街に鎮座し、西品川地区の鎮守として古の世からこの地域を見守っています。

祭り開催日程

今後区内で行われる祭りスケジュールを公開!「The祭アワー」でも放映予定です。参加すればテレビに映るチャンスも!ぜひチェックしてくださいね!

8月

  • 鮫洲八幡神社
    例大祭 8月10日(金)・11日(土)・12日(日)
  • 居木神社
    例大祭 8月24日(金)・25日(土)・26日(日)

9月

  • 小山・三谷八幡神社
    小山両社祭 9月2日(日)
  • 戸越八幡神社
    例大祭 9月8日(土)・9日(日)
  • 旗岡八幡神社
    例大祭 9月8日(土)・9日(日)
  • 下神明天祖神社
    例大祭 9月15日(土)・16日(日)
  • 上神明天祖神社
    例大祭 9月14日(金)・15日(土)・16日(日)
  • 氷川神社
    例大祭 9月14日(金)・15日(土)・16日(日)
  • 天祖・諏訪神社
    例大祭 9月14日(金)・15日(土)・16日(日)

10月

  • 雉子神社
    例大祭 10月6日(土)・7日(日)
  • 鹿島神社
    例大祭 10月20日(土)・21日(日)
アイコン: トップへ戻る