放送番組審議会

第100回放送番組審議会議事録

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として書面開催とした

開催日時:令和3年3月5日(金)書面配布  3月15日(月)回収

出 席 者:<審議委員>深澤 武久、細川 珠生、石井 敬一郎、市川 美知、久保田 久仁子、山村 俊雄
      <ケーブルテレビ品川>大木 晋、鹿本 英利、高橋 敏志
      <オブザーバー>神林 哲郎
      <事務局>宮津 隆一

(敬称略・順不同)

議事内容

1.第99回放送番組審議会議事録の確認
事務局作成議事録に対し、一同異議なく承認した。

2.報告事項

[1]視聴者・加入者状況報告

<委員の意見・質問>

・加入者数が増加傾向にあることは良いこと。
・品川区総世帯数に対して視聴可能世帯数の比率増減がここ数回80%強で落ち着いてい
るが、増加止まりの数値であるのか?また、増加の見込みはあるのか?
>事務局回答
 接続世帯数の増加が鈍化しているのは事実であるが、今後のサービス品質向上や回線
増強などにより、増加の見込みはあると考えている。一方で立地条件などにより弊社
回線の引込が不可能なエリアが一部存在しているため、100%にすることは困難と考え
ている。

・昨今のコロナ禍以降、インターネットサービス加入件数や各提供サービス加入数に
ついての増減はどうなっているのか。
>事務局回答
インターネットサービス、多チャンネルテレビサービス、電話サービスのいずれも
加入件数は、微減となっている。今後、コロナ禍によるインターネット回線の高速化
需要にお応えするなどの施策により新たなお客さま獲得を進める考えです。 

[2]品川区民チャンネル放送内容(令和2年11月~令和3年1月)について報告

<事務局より報告>

1)「しながわホットほっと」(品川区広報番組)放送内容報告

(令和2年11月放送)
・「三之助の笑顔いっぱい とっておきの品川」【今こそ!古き良き日本の宴会芸】
・「シナガワンダーロード」【がんばれ戸越銀座商店街!~小学生からのメッセージ~】

(令和2年12月放送)
・「つなごう品川」【しながわ観光協会】
・「三之助の笑顔いっぱい とっておきの品川」【下神明天祖神社 コロナ禍の取り組み】

(令和3年1月放送)
・「健康大学しながわ」【自宅でできる健康づくり】
・「しながわのチ・カ・ラ」【最先端技術でまちを守る!ICT道路点検】

<委員の意見・質問>

・スタッフのコロナ陽性時の放送体制はどのような状況だったのか知りたい。

>事務局回答
感染者および濃厚接触対象以外のスタッフで番組制作を進める一方で、既存番組の再放
送等で対応を行った。

・「CLUBしながわ」の番組プログラムから、以前赤文字なので記載があった「NEW」など
の表記が消えているが、これはコロナ禍の影響か?

>事務局回答
コロナ禍の影響により新作が少なく表記していなかった。

2)自主制作番組「しながわEYE」の放送内容を報告

<委員の意見>

・ハピCOOKの3回の放送がすべて同一店舗であった。「品川区内の飲食店に」と説明されているのに1店舗のみの紹介というのは?この特集企画の成立・制作経緯を知りたい。
 >事務局回答
  コロナ禍でいかに取材での接点を減少させながら、充実した企画をお客さまにお届け
できるかという観点で放送した。当初から1回の撮影で放送2回分を撮影し、隔週で放
送するスケジュールで想定した。その為初回と2回目が同一店舗で、別のメニューをご
紹介するという内容になった。それ以降は店舗側の負担も考慮し1店舗1回分の放送で
構成している。

・スタジオのデザイン等がもう少し洗練されると良い。
・しながわEYEはテンポも良く、安定している。今後も品川で頑張ってこられた方々の
取材番組をお願いしたい。また、品川エリアに活気が戻ったら区独自の「GO TO
SHINAGAWA」などのプロモーション番組などをリクエストしたい。
・しながわdeアハ体験の内容がイメージできない。

3)令和2年11月~令和3年1月に発生した放送事故・障害等の報告

 EPG(電子番組表)の誤表記(該当番組の誤表記)について報告を行った。

<委員の意見・質問>

・発生原因(発生時間)と対応の関連性が不明

>事務局回答
放送監視担当から連絡を受けた、メディア・企画部担当者にて、事象の確認を行って
いたが、誤表記の対象となった番組の放送が終了したため、修正等の対応が実施でき
ていない。

・再発防止策に上長による最終確認とあるが、深夜や上長不在の場合はどうするのか。

>事務局回答
原則として、スケジュール変更等の対応は通常の勤務時間内で行っている。
また上長が不在の場合は権限委譲された人物(リーダークラスのスタッフ)がその任に当
たり確認することとしている。

・再発防止をお願いしたい。

4)令和2年11月~令和3年1月に放送した特別番組についての報告

①「JBVシリーズ2020 第2回ビーチバレー品川オープン生中継」(令和2年11月)
②「大商業まつり」(令和2年12月)
③「品川区一斉防災訓練」(令和2年12月)
④「令和3年品川区成人式生中継」(令和3年1月)

<委員の意見>

・成人式を楽しみにしていた新成人が周りに何人かいた。残念な気持ちで番組を見た。
・一斉防災訓練の放送において、テレビとラジオで同時放送したという企画はとても良
いと思う。
・成人式の生中継が放送できて良かった。
・いずれもケーブルテレビでなければ取り扱えない内容でとても良い。

[3]番組試写「夢のスタートライン~大崎発のバンドコンテスト 21年間の軌跡~」

イベントがコロナで中止・・・。しかし「音楽を止めない」「音楽を届けたい!」。そんな想いを
実現するため関わる全ての方で「夢のスタートライン」のリモート演奏会を実施!それぞれが
収録した音源を重ね合わせ、子どもたちをはじめ、イベントに関する皆で夢の共演を実現さ
せた。
(令和2年12月放送)

<委員の意見>

・このイベントが21年も続いていることを初めて知った。地域の人々の熱い思いがこ
もった一連の活動に感動した。
・テンポよくまとめられた編集で良かった。通常のコンテストとは違い、関わる多くの
人たちの言葉と様子を見ることができた。
・コンテストは中止になったが、これまでの軌跡やリモート演奏という形でとりあげ、
放送できたのは良かった。
・番組のコンセプトがわかりにくい。
・21年間という長さの重みが伝わらず、なぜバンドで夢を追う子どもたちの取材をし
たのか内容に情熱を感じなかった。

[4]備考
次回開催は令和3年6月頃の開催となった。

無料相談

ケーブルテレビ品川ではお客さまに最適なプランをご提案します。
テレビはもちろん、インターネット・スマートフォン・最新のIoT機器までお気軽にご相談ください。