放送番組審議会

第104回放送番組審議会議事録

新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてリモート開催とした

開催日時:令和4年3月2日(水)

出 席 者:<審議委員>深澤 武久、細川珠生、石井敬一郎、市川 美知、海沼 実、久保田久仁子、綱嶋 竜太、山村 俊雄
                <ケーブルテレビ品川>大木 晋、鹿本 英利、高橋 敏志
                <オブザーバー>品川区広報広聴課:大澤 幸代 有賀 郁子
                イッツ・コミュニケーションズ:神林 哲郎、中村 邦彦、江口 博昭

                <事務局>宮津 隆一 栗林 祐未

(敬称略・順不同)

議事内容

1.各種報告事項
(1)視聴者・加入状況報告
(2)放送事故・障害報告・お客さまの声等、各種報告
(3)放送内容報告
(令和3年11月~令和4年1月 しながわホットほっと/しながわEYE)
(4)その他(特別番組 連盟顧問杯少年少女サッカー大会特番放送/ 令和4年品川区成人式生中継 紹介)

(1)視聴者・加入状況報告
<事務局報告>
視聴者や加入者の状況、放送番組内容などについて報告した。

<委員の質問>
・「品川区総世帯数比」の報告の中で、世帯数が大幅に減少しているが、人口はどうなっているか。

<品川区回答>
・人口はピーク時40万人を超えていたが、40万人から徐々に減ってきている。

(2)放送事故・障害報告・お客さまの声等、各種報告
<委員の質問>
・生放送での放送障害発生の報告があったが、なぜ発見が遅れて、修正等に時間を要したのか。

<事務局回答>
・放送開始時点で障害発生に気が付き、技術担当と受信担当で状況の把握をした上で適切な処置をとるのに必要な時間であった。対応として、CTSの副調整室を経由することで、映像障害を回避できることがわかったが、当日副調整室で別の番組を収録していたため、収録を一時中断した上で対応したことから時間を要した。

<委員の質問>
・今回の放送障害を発生させた回線を利用した生中継はどの程度行われているのか。

<事務局回答>
・今回使用した回線は、社外からの生中継・生放送等に使用するもので、割合としては高くない。(夏の高校野球東京都大会・障害者スポーツ等の中継で利用)

<委員の質問>
・今回障害が発生した生中継の映像は、アーカイブとしての放送など、当事者が改めて視聴(乱れの無い映像)する機会はあるのか。

<事務局回答>
・区公式YouTubeチャンネルで生中継映像のアーカイブ配信をしており、生中継で使用した回線とは別の回線で配信した映像のため、障害が発生していない映像をご視聴いただける。

(3)放送内容報告
<委員の意見>
・CLUBしながわ(番組ガイド誌)はQRコードからオンデマンドで情報が取得できるようになった等、質が高くなっている。一方で、カタカナの見慣れない言葉(例:しながわネウボラネットワーク、産後ドゥーラ)が掲載されていて、興味を持つ方と持たない方に二分化されるように思うので、言葉の使い方や情報の見せ方を大事にしてほしい。
<事務局回答>
・言葉や表現については、検討を進めていく。

<委員の意見>
・三之助さんの番組で大井競馬場で開催中の「東京メガイルミ」を紹介していた。番組内容がとてもよく、実際に行きたいと思った。その一方で、コロナ禍において、見に行きたいという気持ちと番組を見て満足する気持ちのせめぎ合いがあった。

<委員の意見>
・成人式の中継についてだが、新成人となった世代は、様々な節目のイベントが中止となり、成人式を開いて、生中継していただいたことはありがたかったのではないか。

2.審議事項
(1)第103回放送番組審議会議事録の確認
事務局作成議事録に対し、下記内容を確認の上、一同異議なく承認した。

(2)番組審議
今回は1つの番組を視聴し、審議した。
審議番組
「夢に向かう区民を追え!「願掛けホテイソン!」(令和3年11月放送)

<番組概要>
自らの目標に向かって頑張る品川区民に密着するバラエティー番組。初回放送となった本放送では「東京ホテイソンプロデュース!ゼロから始めるYouTuber生活に挑む若者」や「世界タイトル戦に挑む女性ボクサー」、「脱サラして地元・大井町でクラフトビールのお店を開店する男性」など、様々な目標を実現させようと奮闘する区民に密着。その様子を紹介した。

<委員の意見>
・30分番組でCM等も入らない為、たっぷりとした内容である印象を受けた。
・複数人を追っているため、盛りだくさんのように感じた。ひとつをじっくり扱う方が落ち着いて見られるのではないか。
・継続して見ていないと過程がわからず、内容を忘れてしまうこともあるため、今後どういうタイミングでどのような見せ方をしていくのか検討が必要ではないか。
・MCの芸人さんを知らなかったが、今後に期待したい。
・どぶろっくの二人よりクセが強くなく、良い印象。MCと夢追い人のやり取りがうまくかみ合っている印象があり関心した。
・放送時間の土曜日23:30は、テレビを消している時間であるため、番組の存在を初めて知った。YouTubeでも視聴できることを「CLUBしながわ」でも案内してはどうか。
・大変興味深く、新しい品川を知る番組だと思った。
・MCの張り切っている感じが出ていて良かった。
・属性の違う夢追い人の方々で、盛りだくさんすぎるという意見もあると思うが、幕の内弁当感で見やすく感じた。昨今、一つ一つのコンテンツが短くなりつつあるなかで、今回のようなやり方もありだと思う。
・放送時間帯を鑑みるとドキュメント寄りにはなると思うが、せっかく芸人さんをMCに起用しているため、MCがいじったりツッコミを入れたりすることで、ドキュメントにメリハリや緩急をつけられると、より良くなるのでは。

<委員の質問>
・どういう層をターゲットに想定しているか

<事務局回答>
・30~50歳代の男女をコアターゲットにしているが、MCの知名度もいかしながら幅広い世代に見ていただきたい。
・継続して番組を見ていないと過程が分からず、内容を忘れてしまうこともあるため、今後、どういうタイミングでどのような見せ方をしていくか。

<事務局回答>
・ケーブルテレビ品川公式YouTubeにて、見逃し視聴と言う形で配信し、番組内でも案内している。
・視聴者の評価・評判はどうか

<事務局回答>
・「感情移入しながら一喜一憂しながら見られるのが良い」「身近な区民の頑張っている姿に力をもらっている」「バラエティ番組ではあるが、ドキュメンタリーの要素もあり、見ごたえがある」などのご意見をいただいている。

3.備考
次回開催は令和4年6月頃の開催となった。

無料相談

ケーブルテレビ品川ではお客さまに最適なプランをご提案します。
テレビはもちろん、インターネット・スマートフォン・最新のIoT機器までお気軽にご相談ください。